自殺サイトを見る前にキリストを求めてください

座間市で一人の遺体を遺棄したとの疑いで一人の男性が逮捕された後、それは9人のバラバラ殺人事件であったとの報道がなされた時、戦慄が走りました。
内訳は女性8人、男性1人で、女性には性的暴行を加えた上での殺害であったことの供述も、容疑者からなされています。
また、室内から見つかったクーラーボックス内から9人の頭部の他、足や腕などとみられる骨が大量に見つかったとの報道に、言葉を失いました。
更に、「一緒に死んでくれる人を探している」などの投稿をTwitter上でしていた女性に対し、容疑者は「一緒に死のう」などのメッセージを送り、誘い出していた他、「ネット上で自殺についてのやり取りをする中で呼び寄せた人もいた」とのことで、このようなネットとリアルの融合お手軽殺人手法に、新しい不気味な足音を感じてなりません。

自殺大国日本

世界保健機構によると、2012年の段階で40秒ごとに世界のどこかで自殺が発生しており、人口10万人あたりの自殺者数を比較すると、日本は世界の中で13位(1位 グリーンランド 2位 リトアニア 3位 韓国 4位 ギニア 5位 カザフスタン 6位 スロベニア 7位 ハンガリー 8位 クロアチア 9位 スリランカ 10位 ラトビア 11位 ベラルーシ 12位 ウクライナ)で、先進国では最悪レベルというデータに驚きが隠せませんでした。

日本は世界各国の中でも安全で暮らしやすいとの評価が高いはずですし、無いものは無いほど物が溢れ、これ以上の便利さは無いほど便利な物やサービスに囲まれ、戦中の日本人が見れば腰を抜かすほどの大国、貧しい国から見れば夢のような国に見えるのではないでしょうか。

とは言えど、実質成果主義である日本の社会構造の中では過剰な企業間競争、それにまつわる社畜、低賃金労働、中小企業の倒産、増税、社会保障の削減などなど、資本主義の歪みやツケがかなり回ってきているような気がしてなりません。
そしてそれはダイレクトに個人へ及び、何かしらの強迫観念を持たされながら生活せざるを得ない…といった、日本人の横並び構造も透けて見えます。

かつて敗戦国という立場から総動員で経済主義に向かい、あれよあれよと言う間に世界の先進国となった日本ですが(もはや過去かもしれませんが)、向かった先で果たして何を得たのだろうかと、疑問が湧き出てきます。
その物質主義の中で、ひとりひとりが幸せになれたのでしょうか。

健康問題(精神疾患が多い)
経済的問題(事業不振・倒産・リストラ)
社畜(主人と奴隷・過労死)
家庭問題(夫婦の不和・不倫・親子の断絶)
職場の人間関係(各人の驕り高ぶり)
いじめ(村八分)
ネットいじめ(炎上)
引き篭もり(孤立)

数え上げたらキリがありませんが、これらの原因が自殺の引き金となっているのは確かでしょう。

豊かと思い、思わされ、信じ、信じ込まされていた私たち日本人。

もし豊かであるのなら、なぜ幸せを感じられないのでしょうか。
なぜ職場や学校で他人をイジメ、イジメられるのでしょうか。
なぜ夫や妻がいながら不倫をするのでしょうか。
なぜ元恋人をストーキングして殺害するのでしょうか。
なぜ親が我が子の育児を放棄し、殺害するのでしょうか。
なぜ子供が親に感謝もせず、殺害するのでしょうか。

不法がはびこるので、多くの人たちの愛は冷たくなります。— マタイ 24:12
Because of the increase of wickedness, the love of most will grow cold. — Matthew 24:12

このような枚挙にいとまがない事件を考える度に、一見幸せそうな日本という国の奥底から悲鳴が聞こえてくるように感じ取れます。
内戦や内乱、他国からの侵略が無い日本で、物質中心にあまりに満たされてしまった結果、豊かさの定義がおかしくなってしまったとしか思えません。
さながら幸せという仮面を付けて踊らされている幸せゲームのような。。。

聖書は自殺をどう取り扱っているか

イスカリオテのユダイエス・キリストを裏切り、大祭司カヤパ一味へ売り渡し、縛られた主が総督ピラトに引き渡されたあと後悔し、自殺したことが書かれています。

それで、彼は銀貨を神殿に投げ込んで立ち去った。
そして、外に出て行って、首をつった。— マタイ 27:5
So Judas threw the money into the temple and left. Then he went away and hanged himself. — Matthew 27:5

その他にも事例が4つあり、

・アビメレク — 士師記 9:50-54
・サウル王 — I サムエル記 31:1-7
・アフィトフェル — II サムエル記 17:23
・ジムリ — I 列王記 16:15-20

それら全てはその行動が記されているだけで、聖書はどの事例についても、「罪である」「罪でない」とのどちらも明言はしていません。
ただこれらの聖句の前後を注意深く読むと、「罪の結果として自殺がもたらされた」との解釈ができます。

人間は天地万物の創造者である神様から造られました。

さあ人を造ろう。われわれのかたちとして、われわれに似せて。— 創世記 1:26
Let us make mankind in our image, in our likeness. — Genesis 1:26

それからアダムが、次にアダムのあばら骨からエバが造られましたが、エバがサタンが乗り移った蛇に誘惑され、彼女の行動に不信感を抱かなかったアダムもその誘惑に乗っかり、その結果、神様の怒りに触れた二人はエデンの園を追放されました。
最初の人間が神様から果たされていた約束を破り、不合格となってから、多くの人間が創造主に反抗反逆し、今に至るわけですが、そんな中でも神様は、

わたしの目には、あなたは高価で尊い。
わたしはあなたを愛している。— イザヤ 43:4
Since you are precious and honored in my sight, and because I love you. — Isaiah 43:4

と、仰ってくださっています。
あまりにも有り難いみ言葉で、この聖句を読む度に涙が溢れてきます。
そう、神様は人間が自ら命を絶つことをとても悲しんでおられます。
元来人間は、神様から離れずに生きる者として造られたのですから。

また、主権の問題もあります。

私たちは粘土で、
あなたは私たちの陶器師です。
私たちはみな、
あなたの手で造られたものです。— イザヤ 64:8
We are the clay, you are the potter;
We are all the work of your hand. — Isaiah 64:8

人間は皆、陶器師であられる神様のイメージにより、各々造られました。
ですから主権は造られた側にあります。

ああ。あなたがたは、物をさかさに考えている。
陶器師を粘土と同じにみなしてよかろうか。
造られた者が、それを造った者に、
「彼は私を造らなかった」と言い、
陶器が陶器師に、
「彼はわからずやだ」と言えようか。— イザヤ 29:16
You turn things upside down,
as if the potter were thought to be like the clay!
Shall what is formed say to the one who formed it,
“You did not make me”?
Can the post say to the potter,
“You know nothing”? — Isaiah 29:16

人間は自分の意志で生まれてこれません。死ぬことすらできません。
誰が自分の誕生の計画を知り、死ぬ日程が判るのでしょう。
陶器師が命を与え、奪うのです。
その創造主のご計画を無視し、その領域に踏み込み、自ら命を絶つことは、神様の主権の侵害者となってしまいます。
これは全人類に真剣に考えていただきたいことです。

人間を救えるのはただイエス・キリストのみ

誰もが順風満帆に人生を送りたいと願っています。
自ら不幸になりたいと願っている人間は皆無でしょう。
しかしながらある日突然、予期せぬ嵐に襲われ、呑み込まれ、海に投げ出される時もあります。
思ってもみなかった病気や倒産や裏切りやイジメや愛する人の死などなど、死にたくなるほどの辛く悲しい出来事が、人間世界には山のようにあり、もがけばもがくほど海底の深みにはまっていきます。

では私たち人間は、不幸や悲しみのドン底から這い上がれないのでしょうか。
立ち上がれないのでしょうか。
死を選ぶしかないのでしょうか。

いいえ、そんなことはありません。
人間にはできないことでも、神様ならおできになります。
人間は自分で自分を救うことはできませんが、神様は人間を救うことがおできになります。

その唯一の救い主の御名がイエス・キリスト
このお方こそが万物を創造された神様であられます。
人間もこのお方が造られました。

すべてのものは、この方によって造られた。造られたもので、この方によらずにできたものは一つもない。— ヨハネ 1:3
Through him all things were made; without him nothing was made that has been made. — John 1:3

そればかりでなく、ご自分から背いた人間の行く末を憐れに思われ、神様の栄光を捨てて人間にお生まれになってくださり、神と共に生きる人間の道を説かれると共に、医者にかかれない多くの貧しい病人を癒やされました。

目の見えない者が見、足のなえた者が歩き、ツァラアトに冒された者がきよめられ、耳の聞こえない者が聞き、死人が生き返り、貧しい者たちに福音が宣べ伝えられている。— マタイ 11:5
The blind receive sight, the lame walk, those who have leprosy are cleansed, the deaf hear, the dead are raised, and the good news is proclaimed to the poor. — Matthew 11:5

そしてそして、とてつもなく素晴らしい奇跡が起こりました。
ユダに裏切られた後、何の罪も無いままイエス様は十字架上で死なれましたが、その三日後に復活されたのです。

週の初めの日の明け方早くに香料を持って墓に着いた女性信徒たちは、墓からわきに転がしてある石を見たので中へ入って見ると、そこには主イエスの身体はありませんでした。
皆途方に暮れていると御使いたちが、

あなたがたは、なぜ生きている方を死人の中で捜すのですか。
ここにはおられません。よみがえられたのです。— ルカ 24:5-6
Why do you look for the living among the dead? He is not here; he has risen! — Luke 24:5-6

と、女性信徒たちに説明しました。

人間の最後の敵である「死」を克服されたイエス様に、できないことは何ひとつありません。

いと高き神様であられ、身を低くしてまで人間に近付いてくださったにも関わらず、ユダヤ教のパリサイ派から憎まれ、迫害され、その連中から顔につばきをかけられ、こぶしで殴りつけられ、平手打ちにされ、39回に渡る鞭打ちで死の手前までいかされ、最後には手に釘を打ち付けられ、処刑されました。
そしてユダだけではなく、最終的には全ての使徒たちからも見放されました。
孤立無援の中、ただおひとりで死まで耐え忍ばれました。

如何ですか?イエス様のいわれなき迫害人生に比べたら、あなたのケースはまだまだ楽ではありませんか?救われる余地が十分にあるのではないですか?

人間としてここまで侮辱的かつ壮絶な人生を歩まれたイエス様でしたが、だからこそ、人間が持つ弱さや痛みや全ての悩みをご理解されておられます。
そのお方が万物の創造者であり、人間の生と死を司る主権者であられるのですね。

ですので、このお方しかおりません。このお方だけが神様なのです。
その他神様と言われているモノは人間が作ったモノに過ぎず、まやかし偽神様です。そんなモノに救う力はありません。

ともかく人間の限界を知ったのなら、次は神様です。神様の出番です。
もはやダメだ!と、全てが砕かれた時、神様が働いてくださいます。
遠慮はいりません。
「もう自分はダメだ、助けてください神様!!!」と、叫んですがりついてください。

そうは言っても、神様への問いかけや祈り方は判らないと思いますので、まずはお近くのプロテスタント教会へ駆け込み、牧師に窮状を訴えて、祈ってもらってください。初回は両手を組んで目をつぶっているだけで大丈夫です。
あなたが、最後の頼みの綱はイエス・キリストだけだと本気で思うなら、速やかにイエス様がお越しくださり、力強い御手を差し伸べて、暗闇から救い出してくださるでしょう。

かつての私がそうでした。。。
一度だけ自殺が頭の中をよぎりましたが、イエス様が激しくドアを叩いてくださった後、ワケがわからないままアタフタしながらドアを開けたら、いつの間にか暗い闇の底から光の世界へ飛び出していました。
そのあまりの救出劇にショックにも似た大感動を受けた私は、イエス様にすがりついてしがみついて生きていこうと決意し、それ以来、平安と歓びの中で生きています。
重度のイエス様依存症です(笑

どうかひとり、またひとりと、ただお一人の神様であられるイエス・キリストから「いのち」を与えられ、新しい生へと船出ができますように。

わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。— ヨハネ 14:6
I am the way and the truth and the life. — John 14:6

クリック応援お願いします🎶
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

自殺サイトを見る前にキリストを求めてください」への6件のフィードバック

  1. 七星さん、こんにちは。
    ちょうど、自殺が頭をよぎった時にこの記事を読みました。
    お金のことを始め、いろんな辛いことが起き、もう八方塞がりです。
    神様は試練に遭わせる代わりに、抜け道も用意して下さると
    聖書に書いてあったのに、どこにも抜け道がありません。

    私が犯した罪が重過ぎて、神様が裁きを与えられたのでしょうか。
    若い頃、恋人にひどい振り方をしたり、不倫もしました。
    ウソをついたり、お金が無い人を見下したりしました。
    傲慢きわまるひどい人間でした。

    それらを、何度も何度も後悔し、
    神様に泣いて打ち明けました。
    私が傷つけた人たちが祝福され幸せになるように、
    罪深い私を正しい者へと変えて下さいと何度も祈りました。

    イエス様、私の罪を洗い清めて、お救い下さいと
    すがりつくように祈りました。

    でも状況はひどくなるばかりです。

    もう、疲れました。

    罪人は救われると聞きましたが、
    私の罪が重過ぎて、神様に赦してもらえらいのでしょうか。
    イエス様が最後の救い主でしたが、
    見放されたようです。。

    誰にも打ち明けられず、
    イエス様にお祈りするしか逃げ道がありませんでしたが、
    祈りが届かず、悪化するばかりの現実に絶望しかけています。

    愚痴になってすみません。
    いつも以上に暗いコメントでお許しください。

    いいね

    1. バニラさん。とてもお辛いのですね。
      私も身を切られるような思いです。
      ですが、今日も生きていらっしゃいますよね。
      生きることを許されています。
      生かされています。

      思えば私もバニラさんと同じような過去を持っていました。
      とても驕慢で高慢で残酷な人間でした。
      他人のことよりもまずは自分中心でした。
      今振り返ろ!と言われると、恥じ入るばかりで身が縮まります。

      が、イエス様はそのような罪人を召しにいらしてくださいました。
      そして、私たちは赦されました。
      既に赦されているのです。
      イエス様を通して過去の罪は全て帳消しになり、
      「もはや思い出さない」と、父なる神様は仰っておられます。
      何と有り難いことでしょうか!

      また、祈りは届いています。
      必ず届いています。
      なぜなら、私たちの身体が聖なる宮であり、
      御霊=聖霊様が内住しておられるからです。
      言い換えれば、御父と御子が私たちの中におられるということになります。
      しかも、御霊は旧約時代の聖徒たちが喉から手が出るほど欲しかったものであり、ペンテコステ以降、「イエス・キリストは神の子であり、全人類の罪の贖いのために十字架で血を流され、一度葬られ、三日目に復活した」ことを目で見なくとも信じた者にだけ、タダで与えられるようになりました。

      渇く者は来なさい。いのちの水がほしい者は、それをただで受けなさい。— 黙示録 22:17

      「いのちの水」が聖霊様です。
      私たちの「助け主」です。
      どんな金や財宝よりも掛け値のない宝物です。

      ここまでお解りいただけましたでしょうか。

      で、ここからが大切なのですが。
      まず、イエス様を愛しているかどうか、ご自分を調べてみてください。
      「愛する」ということは「信じる」と同義語ですね。

      しかし、あなたには非難すべきことがある。
      あなたは初めの愛から離れてしまった。
      それで、あなたは、どこから落ちたかを思い出し、
      悔い改めて、初めの行いをしなさい。— 黙示録 2:4-5

      私たち元罪人はイエス様から先に愛されました。
      そのあり得ない奇跡に感謝するからこそ、
      イエス様を愛し、慕い求めるのですね。
      その個人的な愛は、「花婿」と「花嫁」の関係であり、
      イエス様の前では何の汚れもなく、清い処女でなければなりません。
      それはどういうことかと言いますと、
      この世の様々な煩いから自分を断ち、
      花婿イエス様を第一にするということになります。
      夫や恋人や家族や友人よりもです。

      そうすると不思議なことに、
      この世の縛りから解き放たれ、
      あらゆることが解決されていきます。
      横の人間関係が良くなるのは言うまでもありません。

      イエス・キリストを愛するということは、
      イエス様に従い、イエス様の奴隷になることを意味します。

      わたしの名のために、家、兄弟、姉妹、父、母、子、あるいは畑を捨てた者はすべて、その幾倍も受け、また永遠のいのちを受け継ぎます。— マタイ 19:29

      奴隷だからこそ、この世の悪から救出され、解放され、
      真の自由人としてこの世に勝利できるようになります。

      イエス様の奴隷 VS この世(悪魔)の奴隷

      どちらが良いか、答えは明確ですよね。

      十字架の縦はイエス様と私たち
      十字架の横は私たちと人間関係(その他様々なこと)

      縦の長さの方が長いですよね。
      そこがしっかりしていれば、横は自ずと良くなります。

      主の主、王の王であられ、
      アルファでありオメガであり、
      最初であり最後であり、
      そのようなイエス・キリストと個人的な関係にある事実が判れば、あとは心より愛するだけです。

      祈りのことを「感謝の捧げ物」という言い方もあります。
      献金もその一部ですが、自分の時間を捧げることこそが最も大切かと思えます。

      聖書のみ言葉を毎日読み、
      イエス様に思いを馳せ、
      主日礼拝を守る。

      正に私の日々です。
      毎日が安息日のような(笑

      私は昨年の悲惨な時から、
      自分の時間を捧げる決意をしました。
      イエス様は命の恩人だからです。
      そして深く愛してしまいました。

      とは言えど、この信仰は「恵み」によるものであり、
      「自分の行い」に頼り、誇ることではありません。
      気持ちさえあれば、行いは自ずと変わっていきます。

      以上、拙い経験からアドバイスさせていただきましたが、
      最後にこのみ言葉を噛み締めていただければ幸いです。

      求めなさい。そうすれば与えられます。
      捜しなさい。そうすれば見つかります。
      たたきなさい。そうすれば開かれます。— マタイ 7:7

      ギリシャ語原典では、「求め続けなさい。捜し続けなさい。たたき続けなさい。」となっています。

      前回コメントをいただいてから、バニラさんのことを日々の祈りの中に入れています。
      そして昨日より更に、深く祈らせていただいております。
      一人より二人!
      お互いに励まし合って、この信仰を貫いていきましょうね。
      この世の終わる前に、私たちは空中で主とお会いでき、永遠のいのちの中に入れるのですから。

      いいね

      1. 七星さん、私のために温かいアドバイスをしてくださり、
        お祈りしてくださりありがとうございます。
        心から感謝します!

        私がこんなに不安と怖れに悩まされているのは、
        イエス様を信じてないからだと気が付きました。
        と言うのも、昨日突然、「信じる」という言葉がストンと降りてきて、
        ふーっと楽になったんです。
        「イエス様をとことん信じよう。必ず良いようにしてくださる」
        って思いが湧いたんです。
        そしたら重いものが取れたみたいに楽になりました。

        こうなったら、信じて信じて信じまくろう。
        イエス様が笑っちゃうぐらい信じてみようって。
        ついでに、こんな困難な状況を笑っちゃえ!
        暗い顔してうつむいてるよりましだよね。
        って考えてるうちに、

        あ、でも、こんな中でも楽しいことないかな?
        あるある!
        今日食べた100均のクッキーがおいしかったり、
        ネットで可愛い壁紙見つけたり、
        街でステキなファッションの女性を見かけたり、
        小さいけれど、楽しいこと、探せばあるある。
        そんなことに目を向けて、
        イエス様ありがとう!楽しいことありました!
        って喜んじゃおう!

        って、思うようにしました。
        カラ元気かもしれないけど、
        イエス様を信じまくって、イエス様ありがとう!って喜んで、
        どうせならそんな人生にしたいなあって。
        今までの人生は変えられないし、
        もう年だから残された人生は短いけれど、
        残りの人生を喜びでいっぱいにしたいなあって。
        お金とかこの世的な幸せも欲しいのが本音だけど(爆)
        心から満たされて喜べる人生にしたいなあって。

        いえ、私がそう思ったと言うより、
        「そう思ったらどう?」
        ってイエス様に指南された感じです。

        いつもながら、うまく言えなくてすみません。

        私、イエス様を信じ抜いてみます。
        イエス様もそうさせて下さると信じてます。

        まだまだ新米クリスチャンですが、
        七星さん、いろいろ教えてくださいね。
        これからもよろしくお願いします。

        いいね: 1人

        1. お待ちしておりましたバニラさん!
          そしてグッドなご報告に飛び上がりました。
          とても嬉しいです。

          なるほど「信じる」という言葉がストンと落ちてきましたか。
          そしてやっと主との個人関係に入ることができたのですね。
          ソレですソレです。

          主はとても信頼できるお方です。
          とても優しいお方です。
          この世でもどこでも一番確かなお方です。
          ですのでこの際寄りかかっちゃってください。
          主の腕にしがみついて一緒に歩いて行ってください。

          主だけを見上げ続けていくと、
          他のことがどうでもよくなります。
          そして主だけが全てをお持ちですので、
          生活においてどれだけ恵まれているかが判るようにもなります。
          そうでしたでしょ?
          楽しみが見付けられたみたいですよね。

          実はバニラさんの祈りの時に、
          「主よ。あなたを信じている信徒が救われているかどうか解らないって、おかしくありませんか?あなたは唯一無二の全知全能の神様であられます。そうですよね?でしたら彼女に知らせてください。彼女が判る方法でしるしをください。あなた以外に誰がおられるのでしょうか?お願いします。救い主として彼女の前に現れてください。絶対ですよ、必ずですよ!本当にそうなるまでしつこく祈りますから。一歩も引き下がりませんから。お願いします、お願いします。」
          と、主を脅してしまいました(笑
          バニラさんと私の挟み撃ちに根負けされたのでしょうか(爆

          っとまぁ、最近何かにつけて必死の叫び祈りをしています。
          主は熱い祈りが好きなお方ですので。
          そこから考えても、主がどれだけみ心の広いお方かが判りますよね。

          私たちに聖霊様を届けてくださった主。
          なんて素敵なお方なのでしょう。
          しかも、本物の王様であられるのに、
          私たちのような身分の低い女性を愛してくださって、
          婚約までしてくださって、
          毎日が気絶しそうな日々です。

          そこでフト考えてしまいました。
          主はおひとりですから、この関係ってハーレム!?
          なぁ〜んてププ。

          っということで、こんな七星ですが、これからも宜しくお願いします。
          その都度、近況もお知らせくださいね。

          バニラさんの目が開かれて良かったですバンザイ!!!

          いいね

  2. 私も、今、どん底にいます。

    何度も体調不良のせいで仕事が出来ない状態になり、それでも、必死で神さま信じて、必死の思いで立ち上がり、そのたんびに社会復帰をしてきました。

    でも、そこで仕事を他人より一生懸命頑張った結果? めまいを起こして仕事が出来ない状態に。

    それでも、必死で仕事を諦めたくなくて、必死で死ぬ気で立ち上がり社会復帰して、、その職場復帰が決まった途端に、体調不良になって、それでも必死でがんばって仕事を行き続けても、そんな辛い時に、職場で批難を浴びて、どん底な気分に。でも、仕事を辞めて両親を心配させたくなくて、『身体が元気になったら、きっと気持ちも軽くなる!』そう信じて頑張った結果、体調も戻ってきて、、その人の事もあんまり気にならなくなってきた頃、、父親の介護で大変になり、それでも必死で頑張っていた時に、、音信不通だった身内から『借金してんねん!100万貸してくれ!』と言われ、、、やむなく、50万貸しましたが。。その兄が癌になったりと(手術が成功し、今も生きていますが)、、、そんなこんなのストレスで、めまいで倒れて、、再び仕事が困難な状態に。。

    それでも、そんなこんなストレスで睡眠障害になり、睡眠薬に依存するようになりますが、そんな中、いつまでも両親を心配させる訳にもいかなくて、仕事に復帰して、ほとんど睡眠不足の状態の中、ギリギリの体調で仕事を続けた一年ほどした後に、去年の年末、父親が亡くなり。。。

    兄は葬儀にも来てくれず、葬儀の手続きも何にもしてくれず(お金も出してくれず)、ほとんど両親の貯金のなかったため(兄が家族から借金したため)、、その他、仏壇費用やら供養のお金など!全て、私の貯金から。

    それはそれでもいいのですが、、初盆にも来ず、お線香一本上げにも来ず、一度は、相続手続きに呼び出したのですが、貯金のなかった親父や私や母親にもばとうを浴びせ、相続の相談も出来ずに、帰っていきました。

    それからも、相続手続きも(長男なのに)放棄し、心身ともにボロボロな状態でも、何とか前向きに生きよう!とした時に、その兄貴から『家賃滞納してる。電気水道止められてる。借金もある。100万都合つけてくれ!』とのメールが。。

    そんなお金ない!と言うと、、『訴えてやる!自殺してやる!』と脅してくるので、とりあえず、『月に1万返すから』の約束で50万貸しましたが、都合のいい感謝の言葉は最初だけで、、返して貰ったのは2ヶ月だけで、心配だし、色々聞きたいので『これからの事を相談しましょう』のメールには、一切!無視!

    こっちからの『助けて』には、一切!応じないくせに、お金が無くなって無心する時だけ、『身内やろ?』とか言って無心に来る。

    あまりに誠意のないやり方に、私は怒り心頭で、高齢の母親抱えてのこれからの生活の心配や不安や、仕事の忙しさ&兄貴の心配や将来のお金の不安やらで、毎日ほとんど眠られず、、そんなストレスMAXのせいで、最近、また!体調不良になって、仕事を休んでます。

    このまま、仕事ができなくなるのか?
    母親の体調不良やらで誰か(兄)が同居してほしくても、、借金しているため、しかも!年金も貰っているかどうかも分からない(私は62,兄は65) !
    私が仕事を辞めても、兄貴が養ってくれるのか?(働いていても借金あるから無理かも?)、、

    母親が兄に『何かあったら、よろしく頼むね!』と言ったら、『うん!』と言ったくせに、父親が亡くなっても何もしなかった(葬儀にも来なかった!)、そんな兄が、母親や私が亡くなっても、ちゃんとしてくれるとは思えず(もしも?向こうが先に亡くなったから、こっちがしてくれると思ってるかもしれないが)、、もしも?兄が先に亡くなって借金がこっちに来たら?と思うと、夜も眠れず、、そんな詳細を聞きたいのに(どんな理由で、とこからお金を借りていているのか?)、、一切!理由も何も教えてくれず、、

    そんな心配や心労で、いつか私が先に亡くなってしまうかも?とか、、もしも?そーなったら、母親発狂しそうだし、兄はお金ないし、連絡つかないし、どーしよう??等々のストレスで、、

    もうどうにかなりそうです。
    なにより許せないのが、
    一生懸命頑張って自身の困難や試練を乗り越えても、兄貴のせいで体調崩し、何もかもめちゃくちゃになっていくのが、許せないです。 
    何度も許そうとしましたが、うむくいかず、、以前は神さまやイエス様を純粋に信じていましたが、、

    今は、どんなに祈っても、どんなに以前の信仰を取り戻してくれ!(そうでもない限り、乗り越える気力も自信も、もうありません)と祈っても応えてくれず、、
    どんなに助けてください!と祈って、必死で頑張ってみても、最悪な結果になるはかり。
    もう、生きていたくない気分です。
    絶望しか、ありません。

    でも、諦めなくたくて、頑張ろう!頑張ろう!とするけど、不幸が続いて、もう、泣きたいです。

    いいね

    1. 初めまして空知さん。
      お辛い状況の最中にコメントを残してくださってありがとうございます。
      クリスチャン歴5年の私は人様の大変な問題にアドバイスできる器ではありませんが、少々気になることがあります。

      「以前は神さまやイエス様を純粋に信じていましたが、、」

      の一文です。
      いただいたコメントの内容からクリスチャンであられるかどうかは判りませんが、もし教会につてがあるようでしたら即刻助けを求めてください。
      イエス様に救われた神の子供たちの執りなしの祈りが必要と判断しました。
      ひとりでは無理です。ひとりでサタンや悪霊たちに立ち向かうのは至難の業です。
      が、神の子供たちの祈りが集結すると事態を変えることができます。
      まずはそのように動いてみてください。
      私も今日からお祈りします。

      復活の主イエス様への信仰が復活されますように

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中