聖書の読みたい箇所がサッと開ける見出しラベル貼り付け大作戦

わかっていました。
わかっていたんです。

聖書を読むには
各書巻をスピーディーに検索するには
インデックス、すなわち
見出しラベルが必要不可欠であると。

旧約39巻 新約27巻 計66巻を
ナビ無しに探し当てるだなんて
無謀以外の何ものでもありません。

そのように確信しながらも
新約であれば何とかなる…

と、タカをくくっていましたが

「テトスへの手紙」
「ピレモンへの手紙」
「ヤコブの手紙」
「ユダの手紙」

などはあまりにページ数が少ないため
探す手間がかかり
その都度冷や汗をかいていました。

新約でこの体たらくですから
旧約に至っては
「モーセ五書」しか開けれず
その都度大汗をかいていました。

大先輩方の完璧に貼り巡らされているラベルを見る度に

頑張れ自分!

と、叱咤激励しながらはや7ヶ月。

遂にその時が来たのです。

そこでまずは普通の文具コーナーで最小サイズのラベルを購入し、自信は無いながらも自筆で記入してみました。

が、ひと目でダメダメだと判りました。

まず字が汚い(苦

それにこんなサイズで貼り続けた日には、

ラベルの存在が肥大すぎて
逆に開けたい箇所が開けれない

ことが容易に想像できました。

これは何とかせねば(炎
でもどうやって!?
ウーム。。。

あ、もしかしたらキラリーン☆

ググりました。

すると難なく見付かりましたので、ポチ。
三日後に到着したのが

こちらでございます。

何というザ★完璧なアイテム!
これなら不器用な私でもオッケー👍

早速貼り出しました。
まさかコレで苦労させられるとは夢にも思わずに。。。

シールそのものは完璧でありながらも、シールの内側のラインをページの端に合わせなければならないため、相当な苦戦を強いられました。
とある事情でw小さいモノが見えないんです(苦ぅ〜

しかも、家事と仕事の合間のスキマ時間しか取れない身の上。

そんな中でも取り敢えず


旧約を網羅することができました。

なるほど。
こうやってみて改めて、「歴代誌」以降のタイトルを知りました(ヒッ

ここまでで第二日←

えぇ、二日かかったんです。
スキマ時間しか無い身の上ですので。

さぁ、お次は新約です。


正直、まだあるのかと思いましたが💦


旧約で苦労した分、そのノウハウを活かしながら、さほど時間もかからずに無事終了しました。

第三日。

しかし、終わってから思いました。

神様は三日間で

  • 光と闇=昼と夜
  • 大空=天
  • 地と海と植物

を造られたというに
自分はラベルシール貼りだけ。

いくらスキマ時間と言えど、笑うしかありませんでした。

まぁそれはさておき、これにて態勢も万全となり、読みたい箇所がサッと開けることができ、尚且つ教会で冷や汗やら大汗もかかなくて済みますので、七星的には良しとします^^


ちなみに、

「聖書 インデックスシール」
「聖書 見出しラベル」
「バイブル インデックスシール」

と、検索窓に入れれば速攻でこちらが表れますので、未だ整えられていない方にはマストでオススメします。

★なじみの良い薄手つや消しタイプ
★新改訳・新共同訳どちらにも対応
★書巻の種類ごとに色分け
★失敗しても貼り直せる

といった、嬉しすぎる仕様で700円強ですので、費用対効果はアリアリかと思います。

お家にいながら欲しいアイテムが手に入る

本当に便利な時代になりましたね〜。

聖書カバー検索の時には苦労しましたが、メゲなかった結果、素敵なカバーを見付けることもできましたし。

カバーが未だな方はこちら記事もご覧下さいね。

で、めでたしメデタシと思いながらも、
残ってしまったラベルのタイトルで

「コヘレト」
「ゼファニヤ」

が妙に気になったため、調べてみましたら…


「旧約聖書続編」というものがあるんですね。

プロテスタントですので初耳でしたが、カトリックでは

☆旧約聖書(創世記〜マラキ書)
☆旧約続編(トビト記〜マナセの祈り)
☆新約聖書(マタイによる福音書〜黙示録)

すなわち初代教会が使っていた「70人約聖書」をベースとして、計46文書が旧約として採用されているのだとか。

それに対し、プロテスタントの旧約は39文書。
続編に関しては、「正典」と認められないとの決断を下したようです。

このように、教理上幾つかの点で主張を異にしていたカトリックとプロテスタントでしたが、キリストを信じる者としての根本的な一致の認識が深まり、両教会が共同で翻訳した新共同訳聖書が1987年に刊行されました。
その中に収められている

「コヘレトの言葉」
「ゼファニヤ記」

の二書をオンラインで読めるサイトを発見しましたので、試しに読んでみようと思います。

神様の恵みと、時代の恩恵を受け続けている七星はつくづく幸せ者だなと。
単なるチャッカリ者かもしれませんが(笑

聖書はすべて、神の霊感によるもので、教えと戒めと矯正と義の訓練とのために有益です。
それは、神の人が、すべての良い働きのためにふさわしい十分に整えられた者となるためです。
— テモテへの手紙 第二 3:16-17

All scripture is God-breathed and is useful for teaching, rebuking, correcting and training in righteousness, so that the servant of God may be thoroughly equipped for every good work.
— 2 Timothy 3:16-17

応援クリックお願いします🎶
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中